バイク塗装のグローバルデザイン、パウダーコート、ダイヤモンドコーティング、外装塗装、バイク塗装のことならお任せ下さい!

バイク塗装のグローバルデザイン、パウダーコート、ダイヤモンドコーティング、外装塗装、バイク塗装のことならお任せ下さい!

メニュー

セラコートCシリーズ!バイクマフラー塗装の実力とは

マフラー塗装に使用されるセラコートとは?

最近はバイク業界でも名前を知られてきたセラコートですが、主に耐熱性に特化したCシリーズ、耐衝撃耐久性に優れたHシリーズの主に2種類があります。
今回は耐熱性に特化したCシリーズの塗料をご紹介いたします。
バイクマフラーの塗装に使用する耐熱塗料Hシリーズですが塗料は1液硬化型塗料になります。
セラコートは主にセラミックを主成分としたセラミックコーティング剤で塗装膜厚が薄いコーティング塗装剤になります。
塗料自体はアメリカ発祥の塗料で、日本では正規輸入代理店の鈴友株式会社が販売をしており、当社は鈴友株式会社からセラコートの技能研修を受けた認定施工所となります。

耐熱650度から耐熱1200度の差

当社では耐熱温度の高い塗料を長年探しセラコート導入前は耐熱650度の耐熱塗装が限界でした。
ハーレーダビッドソンなどの車両などでは耐熱650度の耐熱温度ではギリギリという所でしたがセラコートを導入しそういった車両にも安心して塗装が可能となりました。
耐熱650度ではマフラー出口すぐのエキパイ部分の塗装は徐々にですが劣化していきます。
耐熱1200度対応のセラコートは金属が赤くなるほど熱しても塗膜剥離の無いとてつもないコーティング塗装です。

セラコートCシリーズ作業工程(当社での)

ステップ1

まずサンドブラスト処理を行い旧塗装、錆を除去致します。
サンドブラスト工程はこちら

ステップ2

乾燥炉にて250度で空焼をします。
これは密着をよくする、油分を飛ばすなどの効果があります。

ステップ3

密着安定処理を行います。
(こちらオリジナル技法の為説明は省きます)

ステップ4

セラコートCシリーズを塗装
塗装はスプレーガンにて、極力膜厚が均一になるよう塗装します。

ステップ5

乾燥工程

ステップ6

検品、梱包、納品となります。

バイクマフラーの温度に耐えられる塗装

マフラーは急激な温度上昇など、バイクパーツの中で一番過酷な部品になります。
記載しました通りセラコートCシリーズは、今現在私が知りうる塗料の中では一番耐熱温度の高い塗料です。
またセラコートにはマフラーの熱を軽減するサーマルバリアー(断熱塗装があります)。
サーマルバリアーリンク
マフラーの塗装は剥がれる、劣化する物だと諦めているオーナー様もマフラーのお化粧直しに是非セラコートをご検討下さい。

 

 

Service Listサービス一覧

ページトップへ戻る