バイク塗装のグローバルデザイン、パウダーコート、ダイヤモンドコーティング、外装塗装、バイク塗装のことならお任せ下さい!

バイク塗装のグローバルデザイン、パウダーコート、ダイヤモンドコーティング、外装塗装、バイク塗装のことならお任せ下さい!

メニュー

バイクホイール塗装のマスキング(ハーレーダビッドソン)

パウダーコートでもホイールリムのマスキングが可能です。

パウダーコート(粉体塗装)は塗装膜厚が多くつく塗装の為細かいマスキングには向かない塗装ではありますが、リム、マスキングする面にエッジが立っている場合はマスキングにて塗り分けが可能です。

ホイール塗り分けマスキングの手順

まずホイールの脱脂洗浄を行います。
ベアリング圧入部、ホイール自体の洗浄を行います。
当社では専用の洗浄機を契約し、全てのパーツは一度洗浄してからの作業となる為特別洗浄代金は頂いておりませんがあまりにも酷いグリス汚れ等がある場合は、別途洗浄代金を頂く場合があります。

サンドブラストに耐えられるマスキングテープ!

洗浄後は当たり面など塗装が乗ってはまずい部分にマスキングを行います。
長年バイク塗装を行っていますので大体の範囲のマスキング箇所は理解しておりますが車種によりわかりづらい箇所などはお客様の方で矢印や指示書の同梱をお願いしております。
今回はリム、純正で削り出しになっているキャスト面部分はマスキングにて残すという指示の為、リム、キャスト削り出し部分をマスキング致します。
カッティングプロッタにて、作業しやすい寸法に切り出したサンドブラスト専用マスキングテープを張っていきます。
先にリムのエッジ切れ目部分に5ミリ幅のマスキングテープを一周貼り、キャスト面部分のマスキングを行います。

塗装前処理のサンドブラスト加工

マスキングが終わりましたらサンドブラスト処理を行います。
サンドブラスト処理の目的は腐食、旧塗装の除去、ブラストによる目荒らしによるアンカー効果で塗装の密着をよくするなど様々な効果が御座います。
サンドブラストの詳細はこちら

サンドブラスト処理後はパウダーコート(粉体塗装)

サンドブラスト処理後はまず乾燥炉でカラ焼きを行い、鋳物の巣穴に残った水分を抜きます。
その後パウダーコート(粉体塗装)となります。
まずアルミ専用のエポキシ樹脂粉体塗料のプライマーを塗装し焼付、上塗りのブラック塗装、今回はハーレーダビッドソン純正塗装でも採用され使用されている艶ありブラックのご指定です。
通常クリヤーなしは1コートと言っていますがプライマーを含め実質2コートの塗装となります。
パウダーコートの詳細はこちら

塗装完成後のマスキングテープ剥がし

パウダーコート(粉体塗装)完成後はリム、キャスト面部分を覆っていたマスキングテープを剥がす作業ですが、パウダーコートは塗装膜厚が一度の塗装でつきかつ柔軟性があり剥がれづらいという特性がある塗装ということでも分かるように、マスキングを剥がす作業一つとっても非常に技術のいる作業です。
テープを剥がした後はマスキングしたエッジに残ったバリなどはデザインカッターで取っていきます。
デザインカッターを使用しますのでマスキング部分に多少傷などつく場合も御座いますがご了承頂いております。(極端な傷はつけないよう最善の注意を払い作業しております)
マスキングテープを剥がし終わりましたら塗装作業完了となります。

この様にエッジが立っているということがマスキングの前提ではありますが、この様なバイクホイールの塗り分け作業も承っております。

エッジが立っていない部分の塗り分け、文字入れなどはダイヤモンドコーティングにて対応が可能で御座います。

塗装詳細はこちら

Service Listサービス一覧

ページトップへ戻る